1月 26, 2014

あっという間に

1月も最終週ですね。
新年早々、散々だったせいか殊更早く過ぎたように感じた1ヶ月でした。
気持ちの落ち込みは激しかったものの、嬉しい事も勿論ありました。

家族のことでは、
 長男の優しさが身にしみたこと。
  次男が順調にすくすくと育っていること。
   夫が元気に過ごしていること。

巡り会いでは、
 良い小児科に出会えたこと。
  母子手帳紛失の件に関して、各関係先で親身に対応して頂けたこと。

ナーバスになっていたせいか、不注意・運の悪さ・色々と忘れられるetc…等、気持ちの悪いことへの遭遇率が半端なく、平常であれば「ぺいっ」と割り切れることも辛かった1ヶ月でしたが、その分、嬉しい事もよくよく十分に身に沁みて涙が出そうになることも多々ありました。
正直まだ自分の不注意をまだ赦せませんが、手痛い代償を払った分、大きな凶事に遭わないよう十分に注意する必要があるのだと気がつけたことは良かったのだと思います。

あとは今日、神社にお祓いをしてこようと思います。

数えで33は女性にとって散々な「大厄」。
それを大きな事故もなく乗り越えたと思った矢先に色々あったので、厄年狭間の数え35の年ですが、身を清める意味でしゃんっと背筋を伸ばしていきたい。

そう思います。