8月 31, 2016

3年前にも同じこと

物凄く久しぶりにPCを立ち上げてブログを書いています。
一体いつぶりなのか・・・と新しいポストを書く度にコレだ。
そう思いつつ、また全部リセットするかと過去の記事を読んでいて、丁度、3年前にも今の自分と同じことを感じていたのだと思った記事を見つけました。
 
もうすぐ3歳になる息子の”眠り”について書いた記事。今は、もうすぐ3歳になる次男で、同じことを感じているのだという事実。
「とにかく朝まで寝てくれ」ということ。
 
つまりはこれは、我が家の息子のルーティンになるべくしてなったことなのか。
長男の時と同じく、次男ももうすぐ3歳になるこの時期になって、夜中に必ず目を覚ますようになってしまい、添い寝する母はぐったりしているという状況が3年前と同じく繰り返されています。
3年前と違うのは、今現在自分がフルタイムで仕事をしているということと、長男が大きくなって、大分自分のことを自分で出来るようになって母は助かっているということ。
長男の元気に成長する毎日に感謝しつつ、次男も何時かは落ち着いて寝てくれるようになるだろうと、イライラしている自分を見つめなおすことにしようと反省。
 
疲れて夜眠れないのは正直しんどいけれど、どうしても自分本意になっている気持ちをどうにか解消して、ストレスを感じるんじゃなくて受け入れるようにしたい。
(できるかどうかは別としてそういう気持ちで臨みたい。)
そして情緒不安定気味の長男の気持ちを受け止めたりとか、もっとぎゅっとしたりとか、こどもが安心して過ごせるような大きな心を持ちたい。
(時々振り返らないと、イライラで溢れてしまうから。)
 
とかく何か色々あるけれど、一番はこどもが笑顔でいること。こどもからもらっている元気を、大事にすること。
そんな風に思うことが出来る時間を持つことが出来てよかった。
 
明日から、長男は新学期。
運動会、フェスティバル、学芸会と毎月のようにこれから忙しくなるけれど、来年の小学校入学に向けて、気持ちの部分を支えてあげられるように、母も頑張るぞ、と。
 
改めて気を引き締めるのでした。
 
まる。