3月 10, 2014

新幹線を見に行こう!@東京駅

20140309_shinkansen

東京駅のホームにて回送で停車中のE5系新幹線はやぶさとE6系新幹線スーパーこまちに出会えました!
上野駅で確認した時刻表では、お出かけの時間には2車両とも運行予定はなく、見れないかなぁと思っていたのですが、東京駅のホームまで上がってみたら予想外の出会いが・・・!
運行中ではなく、回送で停車していたので乗車するお客さんもいなく、ゆっくりと堪能することが出来ました。

20140309_shinkansen2

隣のホームではE4系新幹線のMaxやまびこ。
反対側のホームにはE2系新幹線のたにがわ。
さらにその向こうには、N700系新幹線のN700A(アドバンス)の車両も!
東京駅に来るまでの行程でも「特急フレッシュひたち」や「特急スペーシア」が見れたし、新幹線のみならず、色々見ることが出来て、ラッキーでした♪

ただ、惜しむべくは、東京駅までの行程で長男が疲れ果ててしまったために、ホーム到着後間もなく「お家に帰りたい」モードになってしまったこと。最近、外出するとよく「お家に帰りたい」モードが発動するようになっている長男なので、予想の範囲内ではあったんですけどね。(涙)

ちょっと無理して次男もベビーカーで引き連れてのお出かけだったので、安全第一でベビーカー中心の動きになる中、沢山歩いたことが3歳児には特に辛かったようです。
目的も大事ですが、ちびっ子の体力を顧みなければ本末転倒ですね。(-_-;)反省。

それと、ベビーカーでの電車乗車は予想していたこととは言え、やっぱり大変でした。
乗ってしまえば、人がぶつかり合うほど混雑しているわけではなかったので、周りの方にぶつかることもなく、スペースが十分に確保出来たのですが、乗り降りの時がとにかく怖い。

・線路とホームの間の隙間
・車両とホームとの高低差
・乗り込む時、降りる時の人の動き

特に注意しなければと思ったのは、乗り込む時、降りる時の人の動きでした。
もう、大原則としてベビーカーの目前に人がいるタイミングでは無理して乗ろうとしないことが大事。
自分の足で歩いている人間が急いで乗り込むのとは勝手が違うと念頭に置いておかないと、
やっぱり怖いし、周囲の人にも迷惑になると思いました。

ほんと、時間に追われるようなお出かけでなくて良かった。
今度電車に乗る時は、乗り換え駅での短時間移動時にはベビーカーを畳んで抱っこ紐で移動するようにしようかなと思います。

20140309_shinkansen3

・・・

ああ、でも。
東京駅の構内で、長男を抱っこして歩行中に床に落ちてたプラカップゴミを踏んで激しく転んで捻挫するという事件もあったから、
抱っこ紐も考えものなのかなぁ・・・。

・・・

ちびっ子とのお出掛けは段取り&安全第一でいかないとですね。

  • Category: こども
  • Comments & Trackbacks: 1+more